他メーカのスクリューマウント (焦点距離は、オリジナルがcm表記でも、mmに統一)
*印がついているものは、既に手放したもの


★旧ソ連系

ルサール Russar 20mmF5.6(KMZ)

 旧ソ連製の超広角レンズ。歪曲がほとんどなく、秀逸な描写だが、周辺は甘さが残り、F8 1/2くらいまで絞る必要がある。個体差も大きいと聞く。95年製で、工作精度の問題か、ライカのスクリューマウントには入らない。L-Mマウントアダプターも、メーカによっては入らないので、いくつか試して、入るものを見つけ、Mバヨネットレンズとして使っている。こんな状態だが、ピントは全く問題なく、きっちりと解像している。
Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6
Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6
Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6 Russar 20mmF5.6
 
ジュピター Jupiter 35mmF2.8(KMZ) *
 ライカスクリューマウントのレンズで、2番目に買ったものである。ライカ系の趣味で一番の悩みは、広角レンズが高価であることではなかろうか。いや、そういうことで悩む者はこの世界に足を踏み入れるな、という意見もあろうけど、ボディを買ったらレンズが欲しいのはもはや仕方がない。
ともあれ、そんなわけで、ツァイスのビオゴンを模して作られたこのレンズを安価に買い求めたのであった。レンズは手元から離れたが、ファインダーは未だ残っている。
描写はなかなかシャープだが、糸巻き型の歪曲がある。大きく突き出た後玉は取り扱いに気を遣う。

ジュピター Jupiter 50mmF1.5(KMZ) *
 黒い鏡胴のモデルを所有していた。レンズは明らかに黄色いので、カラー写真では色が偏ってしまう。モノクロでは良い結果になると思う。

ジュピター Jupiter 50mmF2(KMZ)
*
 ゾルキー3型を買ったときについてきたレンズだ。セットで3万円もしなかったから、まさにオマケのようなものだ。アルミ鏡胴の、軽いレンズである。絞り開放付近では甘い描写だった。レンズのコンディションも良くなかったから、評価は保留としておこう。ボディとともに、売却している。

ジュピター Jupiter 85mmF2(KMZ) *
 35mmを購入してほどなく、これも買っている。既に有名だが、ツァイスのゾナーを模したものである。中望遠でF2となるとライツのズミクロンはかなり高価で、それに比べこのレンズは手軽に体験できるから人気がある。85mmF2となると、ピント合わせは難しい。また、大柄で重いレンズである。色はあっさり目のように思う。
 
★ライツ以外のドイツ系

ゾナー Sonnar 40mmF2.8(ローライ35RF用)
 02年12月5日に発売になったローライ35RF(コシナ・ベッサR2のOEM)のレンズである。カメラはRMマウント(これ、コニカだとKM、コシナフォクトレンダーだとVM、いいかげん、Mで統一しないか?)であるが、レンズはライカスクリューで、Mマウントアダプタが付属している。このレンズは、ローライ35Sのゾナー40mmF2.8の設計図を引っ張り出して、いまのローライHFTコーティングを施して復活させたものらしい。早速、CLに取り付けて撮ってみた。ばりばりにシャープではないが、現代的な抜けの良さはある。
Sonnar 40mmF2.8 Sonnar 40mmF2.8 Sonnar 40mmF2.8 Sonnar 40mmF2.8 Sonnar 40mmF2.8
Sonnar 40mmF2.8 Sonnar 40mmF2.8 Sonnar 40mmF2.8
 
クルミナー Culminar 85mmF2.8(シュタインハイル)
 シュタインハイルのレンズはよく写るのだが、鏡胴がアルミで傷だらけだったりガタガタだったり、レンズも前玉が突き出ていて傷が多いものなど、あまり良い状態のものがない。そんなわけで4本も買っては売りしていたが、ようやく良い物にめぐり合えて、使っている。軟調で、暗部がつぶれないのが良い。逆光ではフレアが出るのは昔のレンズらしいところだ。ピントは確かで、シャープ。
(スキャンが甘すぎだったので、06年11月に全写真を差し替えた)
Culminar 85mmF2.8 Culminar 85mmF2.8 Culminar 85mmF2.8 Culminar 85mmF2.8 Culminar 85mmF2.8
Culminar 85mmF2.8 Culminar 85mmF2.8 Culminar 85mmF2.8 Culminar 85mmF2.8 Culminar 85mmF2.8
Culminar 85mmF2.8 Culminar 85mmF2.8
 
クルミナー Culminar 135mmF4.5(シュタインハイル)
 レンズ、鏡胴ともに状態が良いが、距離連動が完全に狂っていて、ほぼ6年ほど放置していた。自分で距離連動の部品を削って、ピントが合うように調整できたので早速作例を上げる。画質はしっかりしていてボケ味も悪くない。テレタイプではないので、レンズが長く、鞄の中で嵩張るのは欠点だ。
Culminar 135mmF4.5 Culminar 135mmF4.5 Culminar 135mmF4.5 Culminar 135mmF4.5 Culminar 135mmF4.5
Culminar 135mmF4.5
 
★日本製

キヤノン セレナー Canon Selenar 28mmF3.5 *
 NYのウォールストリートカメラで入手。スクリューマウントの2本目は、海外調達であった。何も、日本製のレンズをNYまで行って買うことはなかったのではないか、と思う。それは、安かったからである。日本の市価の、ほぼ半値だった。写りはそこそこ。開放では周辺が怪しい。絞れば線の細い描写。

キヤノン Canon 35mmF2.8 *
 これもNYのウォールストリートカメラで入手。極めて鮮鋭な写りには感心して、しばらくは35mmはこれを基準にしていた。
 
キヤノン Canon 35mmF1.5
 大口径の広角レンズ。発売は58年で、時代を考えるとやむを得ないが、逆光ではかなりゴーストフレアが出る。中心部の解像は細かいが、周辺は収差によってボケるし、光量も不足する。F4くらいに絞ればだいたい隅々まできれいになる。絞り開放付近のボケ方やコントラストの低さは個性的。
 
キヤノン Canon 50mmF1.8 (銀鏡胴) *
 このレンズへのコメントを忘れていた。実は、最初に買ったスクリューマウントレンズである。ライカIIIcを買ったはいいが、レンズがない。しかし、ボディの費用で予算をほとんど使い果たし、とてもライツのレンズが買えない。よくあるパターンではないだろうか(私だけ?)。そこで、秋葉原のNで格安に手に入れた。すごくよく写ったし、金属の鏡胴はそこそこ美しく、しばらくはこれでずっと撮っていた。他に、交換のしようがないからである。今は、手元にない。
Canon 50mmF1.8
 
ヘキサノン Hexanon 35mmF2(コニカ) *
 コニカ・ヘキサーに搭載されているレンズをライカスクリューに載せて、限定で販売されたもの。元のヘキサーが既に評価の高いレンズだったので、安心して買った。実際、写りは良い。少し暖色傾向のようで、人物にも向くと思う。旅行か何かの資金作りのため、手放した。
Hexanon 35mmF2 Hexanon 35mmF2
 
GR 28mmF2.8(リコー)
 リコーGR1に搭載されたレンズをライカスクリューにしたもの。小型にまとまっていて、使いやすい。今はヘキサーRFと組み合わせて使うことが多い。ガチガチのコントラストではなく、適度なウェット感があって好ましい描写のレンズだ。GR1も持っていて、一時期よく使っていたが、海外旅行中に故障したのは残念だ。
GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8
GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8
GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8
GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8
GR 28mmF2.8 GR 28mmF2.8
 
ズイコー Zuiko 40mmF2.8(オリンパス) *
 50年代に輸出用として製作された準広角レンズ。中央は極めて鮮鋭だが、周辺四隅で急激に画質が落ちる。色はよく出るのでカラーでも十分に使える。CLか、ベッサTで使うことが多い。外観はライツのズマロン風で、小型である。回転ヘリコイドなので絞りを変えながらの撮影には不向き。各部の加工はこの当時の日本製らしく、それほどしっかりはしていない。
Zuiko 40mmF2.8 Zuiko 40mmF2.8
Zuiko 40mmF2.8 Zuiko 40mmF2.8 Zuiko 40mmF2.8 Zuiko 40mmF2.8 Zuiko 40mmF2.8
 
フジノン Fujinon 50mmF2.8(フジ)
 F2.8をようやく入手。前玉に拭き傷があり、後玉にはわずかにカビ跡があるというもので、外観はきれいだが安かった。開放からしっかり解像していてよく写るレンズだ。絞り開放の背景ボケは口径食があってぐるぐる回る感じだ。コンパクトなので、IIIfやCLにつけて使うことが多い。
Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8
Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8
Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8 Fujinon 50mmF2.8
Fujinon 50mmF2.8
 
フジノン Fujinon 50mmF2(フジ)
 本当はF2.8の方を探していたが、偶然F2が安く出ていたので買ってしまった。コントラストは弱めで、逆光では白っぽくなるところもある。レンズ外観は同じスペックの他社レンズより大柄である。Bessa-R2に着けるとなかなか似合っていてよろしい。前枠はフィルタ径43mmであり、オリンパス35のフードをつけて使っている。
Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2
Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2
Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2 Fujinon 50mmF2
Fujinon 50mmF2