Olympus SP-350のページ


オリンパスは高性能シSP-350セットリーズという位置付けでSPの名を冠したものをいくつか出している。その中でも、もっとも画質やマニュアル操作などに気を使っていると推定されるモデルがこのSP-350である。カタログの写真がなんだか不恰好で、おいおい売れるのか、と思っていたらたしかにあまり売れなかったのか、時々大安売りしている。私はワイド・テレのコンヴァータのセットを33k円で入手した。

1/1.8の小さな撮像素子に800万画素となると高感度には弱い。いまどきISO400までが上限では売れまい。また、メモリへの書き込み、撮影結果のレヴューなどのレスポンスが遅く、ここらへんは次作があるなら改善して欲しいところ(無いようだが)。レンズはフィルムでのコンパクトカメラ時代から普通にあった、準広角からの3倍であまりスペックとしては突出したものではない。が、このカメラのよいところはなんと言っても画質で、ISO50-100での画質は非常に良い。ISO200までは実用と思うが、ISO400はちょっと苦しい。レンズはシャープだが、広角端では樽型の歪曲が大きい。広角端が35mm判で38mm相当と、それほど広角でもないのにこの歪曲ではちょっと困る。ただ、この歪曲は画像管理のソフト、オリンパスマスターでかなりきれいに補正可能ではある。ワイド・テレのコンヴァータは専用で、なかなかの画質である。また、フラッシュ調光が優秀なのも特筆できる。外部フラッシュがつけられ、バウンス撮影もTTL調光できる。

カメラの操作では、マニュアル操作などがやりやすいのと、マイモード設定が4つ、メニューのショートカットが選べるなど、美点も多い。撮影画像をすぐ見られるクイックヴューボタンというのがあるが、これはほぼ再生ボタンに近く、これを使えばダイアルで再生モードにする必要はない。再生時の画像編集メニューも実に豊富で、気合が入ったカメラだと思う。

載せている作例は、原則として彩度やシャープネス等の強調は無し、長辺3264pixのSHQモードjpeg記録で、長辺を900pixにリサイズして少しアンシャープを掛けたものである。

★簡単なスペック
1/1.8型CCD
有効画素数800万画素
ISO50〜400
8.0-24mmF2.8-4.9、35mm判で38-114mm相当の3倍ズーム
05年10月21日発売


★ISO50・100作例


★ISO200・400作例



★ワイド・テレコンヴァータ作例、歪曲補正、RAW撮影など