Agfaflex IV

 かなりマイナーな分野かとは思うが、アグファの一眼レフである。
I型とII型はレンズが固定されていて露出計は単独式、III型からレンズ交換式かつ連動露出計付きとなり、IIIとIVはファインダーがウェストレベルかアイレベルかの違い(V型はレンズがF2)だそうだ。もっとも、このシリーズのカメラは全て、ファインダーは脱着式で交換できるので、IとII、IIIとIVの型番の違いはあまり意味がなさそうだ。
 レンズは50mmF2.8のカラーゾリナー付きで、別に55mmF2のカラーゾラゴンも手に入れている。発売開始は1958年とのことで、この時代のSLRであるから、撮影時にミラーは暗転したままになる。巻き上げは重く、シャッターリリースも重いが、メカニカルなショックは小さく、音もさほど目立たない。ファインダーはかなり空中像寄りであり、ピントは中央の二重像で合わせるタイプで、ボケ像はあまり見えない。シャッターはビハインド式のレンズシャッターであり、巻き上げるとシャッターが開いて、リリースすると一旦閉じてミラーが上がりシャッター開閉ということを機械式連動で行うため、リリースと撮影に若干タイムラグがある。
 55mmF2を使いたいために持っているようなものであるが、F2.8もシャープで良いレンズであり、カメラは不便だが撮っていて楽しい。


写真をクリックすると拡大します。

カラーアンビオン Color-Ambion 35mmF3.4
 未入手だが、いずれ入手予定ということでスペース確保。
 
  
カラーゾリナー Color-Solinar 50mmF2.8
 カメラに付属していたレンズ。3群4枚のテッサー型で、シャープでくっきりとした描写のレンズだ。最短撮影距離は80cmで、レンジファインダー機よりは近いが、フォーカルプレーンSLR機のレンズに比べると遠い。
 
カラーゾラゴン Color-Solagon 55mmF2
 V型の標準レンズとして用意されたレンズだ。4群6枚のガウス型で、シャープなピントと滑らかなボケが得られる。最短撮影距離は1mで、レンジファインダー機並みである。
 
カラーテリネア Color-Telinear 90mmF3.4
 中望遠はあまり使わないので入手は未定。
 
カラーテリネア Color-Telinear 135mmF4
 135mmはどのカメラシリーズでも市場の人気がいまいちということもあろうか、このレンズを見かけたことがない。
 
その他のカメラ 一眼レフに戻る
 
トップページに戻る