Agfaflex IV

 かなりマイナーな分野かとは思うが、アグファの一眼レフである。
I型とII型はレンズが固定されていて露出計は単独式、III型からレンズ交換式かつ連動露出計付きとなり、IIIとIVはファインダーがウェストレベルかアイレベルかの違い(V型はレンズがF2)だそうだ。もっとも、このシリーズのカメラは全て、ファインダーは脱着式で交換できるので、IとII、IIIとIVの型番の違いはあまり意味がなさそうだ。
 レンズは50mmF2.8のカラーゾリナー付きで、別に55mmF2のカラーゾラゴンも手に入れている。発売開始は1958年とのことで、この時代のSLRであるから、撮影時にミラーは暗転したままになる。巻き上げは重く、シャッターリリースも重いが、メカニカルなショックは小さく、音もさほど目立たない。ファインダーはかなり空中像寄りであり、ピントは中央の二重像で合わせるタイプで、ボケ像はあまり見えない。シャッターはビハインド式のレンズシャッターであり、巻き上げるとシャッターが開いて、リリースすると一旦閉じてミラーが上がりシャッター開閉ということを機械式連動で行うため、リリースと撮影に若干タイムラグがある。
 55mmF2を使いたいために持っているようなものであるが、F2.8もシャープで良いレンズであり、カメラは不便だが撮っていて楽しい。
 このカメラシリーズのレンズを探していて思うのは、カメラ店における、アンビジレッテ(RF機)との混同、勘違いが甚だしいことである。名前は似ているが、マウント部分は大きさが異なるので区別はつく。だから間違って買うことはないが、かなりの件数、アンビジレッテのレンズにアグファフレックスの札がついている、あるいはその逆、というパターンでの間違いを見てきた。ややこしいが、あまり有名ではないマウントの宿命ということだろうか。レンズ探しの際に気を付けなければならないのは名前だけではなく、絞りの挙動だ。シャッターを開ける前に、絞りがレンズ内のバネの力で所定位置まで絞られるが、これが遅れると露出オーバーになる。絞りを開放に持って行くレバーがマウント側にあるので、それを動かして指を離す、とやったときに絞りが粘っていてゆっくり戻るようではNGである。

写真をクリックすると拡大します。

カラーアンビオン Color-Ambion 35mmF3.4
 けっこう探し回ってようやく入手した。このシリーズ中最も画角の広い5群5枚のレトロフォーカス式の広角レンズで、大きな前玉が特徴的だ。フードがないとこの大きなレンズが傷つきそうで心配になる。フィルター径は46mmなので、いずれ適当なフードをつけようと思う。
 最短撮影距離は1m、50mmのゾリナーが80cmまで寄れるのに広角のこれが寄れない仕様なのは残念だが、レンズシャッターSLRは内部構造の制約が大きいから、レンズそれぞれで事情があるのかも知れない。
 
 
カラーゾリナー Color-Solinar 50mmF2.8
 カメラに付属していたレンズ。3群4枚のテッサー型で、シャープでくっきりとした描写のレンズだ。最短撮影距離は80cmで、レンジファインダー機よりは近いが、フォーカルプレーンSLR機のレンズに比べると遠い。
 
カラーゾラゴン Color-Solagon 55mmF2
 V型の標準レンズとして用意されたレンズだ。4群6枚のガウス型で、シャープなピントと滑らかなボケが得られる。最短撮影距離は1mで、レンジファインダー機並みである。このレンズは入手時に絞りが粘っていてF4くらいまでしか瞬時に絞られず、日中は露出オーバーを連発した。そのためメンテに出したが、レンズが分解できないとのことで修理不能で戻ってきてしまった。仕方なく、その後はあまり絞らないようにして撮影している。
 
カラーテリネア Color-Telinear 90mmF3.4 (未入手)
 中望遠はあまり使わないので入手は未定。いくつか見てはいるが、曇ったりカビが生えたり絞りが粘っていたりといった状態のものが多い。良いものがあれば入手したいとは思っている。
 
カラーテリネア Color-Telinear 135mmF4
 135mmはどのカメラシリーズでも市場の人気がいまいちということもあろうか、見かけたことがなかったが、最近入手した。レアだが安価。最短撮影距離は2.5mと遠いが、デッケルマウントのスーパーディナレクスが4mであることを考えれば、まだマシと言えなくもない。シャープで良いレンズだ。逆光には弱いので、適切なフードを用意したい。左手でフード代わりにかざすのも良いが、なにぶんカメラが重いので、両手で支えないと持ちにくいのだ。
 
カラーテリネア Color-Telinear 180mmF4.5 (未入手)
 このレンズはかなりレアだと思われる。いろんな店で一通り眺めているつもりだが、全く見たことがない。もともとアグファフレックスがメジャーなカメラではないというのに加えて、ビハインドシャッターSLRの宿命でおそらく最短撮影距離が遠いであろう(何しろ見たことがないので知らない)望遠レンズは発売当時も使い勝手が良くなかったのではないかと思われる。
 
その他のカメラ 一眼レフに戻る
 
トップページに戻る