デジタルカメラ/ミラーレス *印がついているものは、既に手放したもの


●オリンパス

E-P1E-P1 *
オリンパスのマイクロフォーサーズ機第1弾。小型で、趣味性に訴えたボディデザインはなかなか良い。

E-P1のページ


E-P3
より高感度に強くなり、タッチパネル採用でいろいろな操作を可能にしたデジタルペンシリーズの最高機種3代目。
その後、E-P5、PenFが登場し型落ちにはなったが、凹凸が少なくすっきりした外観は今でも通用すると思う。
現在、手振れ補正が故障しており使っていない。

E-P3のページ


E-M5 *
OM-Dシリーズ第1弾。クラシカルな外観だが中身は先進的、撮影領域の拡大というOM生みの親、米谷氏の思想を受け継ぐ素晴らしいカメラだ。

E-M5のページ


E-M5mk2
初代に比べて少し大型化したが、縦横比の優美な姿と、ノーブルなシャッター音は好印象。ハイレゾショットが実装されたが、三脚使用が前提だ。


E-M1 *
小型軽量なフラッグシップモデルとして他社に比べ異色の立ち位置であるが、使いやすいカメラに仕上がっている。


E-M1mk2 *
E-M5系統と同様、初代に比べ大型化したが持った時のバランスがより良くなった。タフなシチュエーションでもよく動くカメラであり、海水のしぶきが飛ぶ船上からオーロラ撮影まで、全く問題なく動作している。

E-M1mk2のページ(近日アップ予定)


E-M1mk3
E-M1Xで実現された機能の一部を追加した、E-M1系統の完成版と言って良いカメラ。手持ちハイレゾショットは完全に実用になる。風景写真がより楽しくなった。

E-M1mk3のページ(近日アップ予定)


●シグマ

fp
シグマならFOVEONだろうと皆思っていたところに突然発表されたベイヤー方式センサーを採用したカメラ。35mm判フルサイズとしては最小、としているがEVFはないし、外付けも出来ないのはさすがに不便だ。とはいえSDマウントのレンズ交換式カメラのEVFはひどかったので、あの延長線上だと付けない方がましということにもなるし、今後の展開に期待したい。
マウントはライカのLマウントで、現状では一眼レフ用の転用レンズが多いこともあってボディとのアンマッチ感がある。専用レンズのさらなる拡充を望みたい。

fpのページ