第7日 15年1月22日(木) フェアバンクス郊外滞在

 9時半前に起きて、部屋でぼんやりしていたら今日もPさんにノックされてしまった。すぐに朝食に向かう。BさんCさんが昨夜帰って、Aさんはもともと朝食無しだから、テーブルには私だけが座ることになる。Aさんも今晩帰国らしいので、今晩からは本当に一人だけになる。次のお客は週明けからとのこと。天気予報では週末から寒波らしいから来週来る人は大変寒いだろう。そんなことを話し、一人で食卓についた。ベーグルをおいしくいただいた。

 部屋に戻り、そろそろ帰国のための整理を始めることにする。今晩泊まって明日の夕方の便でフェアバンクスを離れるが、シアトルで12時間の待ち合わせでホテルに泊まるから、シアトル滞在用の着替えなどを分割しておく。あとは防寒具などを入れるスペースをどうするか、などを考えていた。

 午前中はぼんやりしたりうとうとしたりで、14時ごろに昼食とする。事実上何もしていない午前中だったから空腹感はほぼなく、カップ麺の焼きそばで十分であった。外の天気は曇りで、かといって閉じこもっているのもなんだから、今日も散歩には出かける。最初はNokton25mmで、続いて12-50mmをマクロモードで、そして75mmレンズで、と一定時間を交換せずに撮り歩くがあまり良い写真は撮れなかった。曇天下ではコントラストが低く、被写体も背景も白っぽいから撮りたいものが浮かび上がらず、難しい。
 気温は今日も-18℃、この近辺では慣れたもので今日も1時間くらいは気持ちよく散歩できた。





































 あとはひたすら部屋でひまつぶしである。日記を書くネタも尽きてしまったし、本でも持って来るんだった。21時にAさんが出立、ハワイ経由での帰国だそうで、そういえばアラスカ航空は空港でハワイ路線を大きく宣伝していたからそれも便利なのか、と思ったがハワイまではけっこう遠いし日本からも遠いから、飛行時間はちょっと大変そうだ。バブル期に欧州旅行する人で、東南アジア経由して行っていた人のことをなんとなく思い出した。そんなことを考えながらAさんを見送った。その後、遅い夕食。Aさんがおにぎりを作ってくれたので、インスタント食品の連続は避けられた。ありがとうございます。

 23時ごろまで空を見上げたりしていたが、晴れそうにない。今回旅行での観測はここまでとしよう。三脚など、関連の装備を片付けて旅行鞄に収納する。パッキングしていて、工夫次第でどうやら防寒靴も入りそうな感じなので、明日の散歩の後にトライしてみようと思う。
 25時頃就寝。


第8日へ

旅行記トップへ




15年1月中旬−下旬
アラスカ旅行

第1日 第2日 第3日 第4日 第5日 第6日 第7日 第8日 第9-10日